HOME

園のご案内

園のくらし

入園案内

子育て支援

お問い合わせ

フォトアルバム

ももだより

事業報告

 

浜松市小規模保育事業所Nursery Garden こぐま
◇ 園のご案内 ◇

 
なかざわこども園では

子どもの成長(発達保障)を何よりも大切にします。
各年齢児の発達段階を見据えて教育します。特に『自己肯定感』『基本的生活習慣』『社会性』『遊びと学び(運動性と表現』を大切にします。

特別な早期教育は行いません。
それぞれの家庭で“身につけさせたい”と思っていらっしゃることを、課外授業のなかからご選択ください。

優れた文化の継承をします。
わらべうたや伝承遊び、音楽・運動・造詣を通した表現活動、言葉(絵本)

食育を推進します。
やさいの栽培と収穫体験、料理・みそ作り、自園給食(食材厳選 減添加物・減化学調味料)、アレルギー対応


園外保育による自然体験
園バス・公共交通機関・徒歩などで、公園や動物園、芋ほり、みかん狩り、りんご狩り、ロングウォーク、マラソンなど


 

なかざわこども園のこだわり

1 自然~緑いっぱいの園  
 
なかざわこども園には様々な木が植えられています。
 ―― 子ども達を夏の日差しから遮ってくれる木々があったら
 ―― 子ども達と遊んでくれる木々があったら
 ―― 子ども達に話しかけてくれる木々があったら
 ―― 子ども達に季節を知らせてくれる木々があったら
そんな願いから植えられました。そして・・・

こども園が子ども達を守る木となり
その下で子ども達が自分自身の根を深く張り
こども園を旅立ってからも大きく枝を伸ばせますように

 
園庭の遊具も“冬暖かく夏は涼しい”やさしい木製が中心です。

 

 

2 食育~幸せな食体験こそが幼児期の食育  
  
A.自園給食
 ◆栄養バランス
   乳幼児期に人の身体の原型は決定づけられます。 
   生涯を通じての健康を培うのは今なのです。
 ◆本物の出汁・本物の食材の風味
  味覚が発達する時期です。
  添加物・刺激的な調味料は控えます。
 ◆幸せな食体験
  多様なメニューをクラス・異年齢と楽しんで食べます。
 
B.調理体験
 子ども達が出来る範囲で準備・調理・片付けをします。
 自分で作るから美味しい+自信がわく+食材に興味・関心をもつ
 そして、みんなで作るから楽しい!  
 
C.野菜栽培・収穫
 世話をすることで野菜の命を感じます。
 感謝の気持ちが生まれます。
 野菜が身近になります。

 


3 表現~ものづくり体験  
 
既成の教材でなく、自分で試行錯誤してものづくりをすることで、
◆自分をコントロールする力を養います。
◆自分を表現する喜びを味わいます。
◆仲間と伝え合ったり協同する楽しみを味わいます。

「何を作ろうかな」「どうやったらできるだろう」「むずかしいぞ、あと一息」
  ↓
「できた!」「やった!」…達成感
  ↓
「ああ、たのしかったな」…開放感
  ↓
「やればできる」…自信
  ↓
「次は何をやろうかな」…意欲
  ↓
「ようし、いくぞ!」…挑戦 
 

 

 
 

 

園長からのごあいさつ

ただ一心に遊ぶ子ども達。誰に命令されたわけでもなく、 頑張らなきゃという気負いもなく。やむにやまれぬ遊びのなかには、子ども自身の育ちがかくされています。

いまこの瞬間を真剣に生きる子ども達。ひとりひとりの、かけがえのない幼児期が充実感、そして幸福感に満ちたものになるよう、微力ながら努めてまいりたいと思っております。

園長 細倉 ゆずる

 

ごあいさつ

 

 

充実した教育設備と体験学習

家庭的な小規模園
 
・ひとりに充分な場所と教育
・家庭的な雰囲気のこども園
  充実した設備
・安全と健康のために木製遊具
・室内木製机・椅子
・発達年齢に適した玩具
・耐震構造の園舎

 

★本当のことをしてみよう!
・大工・裁縫・洗濯・料理などなどできることは、まだまだあるよ!
  ★わくわくしよう!すてきだね!
素敵な絵本、わらべうた、音楽コンサート、オペレッタ。一枚の紙から車やビルやロボットが。土という字は芽の形ってしってるかい?

 

げんきげんきでがんばってみよう!
男の体育遊びの先生がいるよ。思いっきり体を動かしてみよう。長縄、こままわし、鬼ごっこ…伝承遊びもたくさんするよ。マラソンも大好き。
  行ってみよう!出かけよう!
歩いたり、バスにのったり、電車に乗ったり。四ツ池公園でザリガニつり、テクノポリスで草滑り、森林公園で鳥羽山公園スケート プール 富士で雪あそびなどなど、今度はどこへいこうか。

 

※第三者機関による評価については こちらをご覧ください→

 

 

豊かな人間性を育くむために

1.生き生きと遊ぶ子ども
生き生きとしてるってことは人間として一番素敵なことです。
 生き生きと遊んだ体験が、学校での学習意欲につながります。   生き生きと遊ぶ子ども
2.命を大切にする思いやりのある子ども
一番大切なことは生きている、ってことです。自分も、他の友達も。
もちろん木や花やニワトリさんだって。みんなに生かされている命です。   命を大切にする思いやりのある子ども
3.表現する子ども
 こんなふうに歌えたよ。絵をかいてみたらこんなに面白いよ。
 自分の思いを表現する。人に伝えることの喜びは子どもに解放感を与えてくれます。   表現する子ども
4.自主、自律に富む子ども
何をするにもまず自分で自分のことができなくっちゃ。
 考えて工夫しなくちゃね。自分でできることが自信のもとです。   自主、自律に富む子ども
5.感動する心を持つ子ども
大自然の中で胸がしめつけられるような感動を覚えたりします。
 子どもの感性が磨かれるかどうかはどんな本物体験にであったかで決まります。

 

 

なかざわこども園歌

さくらせみ
春夏に
のぞみのはねは
めばえてくるよ
人の子にうまれ
よろこびつどう
風ふくつちに

 

海はうねり
川はくだる
みがなる枝だの
葉っぱに花よ
人の子にうまれ
のびゆく木さす
たがいのからだ

 

月の光り
日のめぐみ
きょうもげんき
あしたもげんき
人の子にうまれ
かなしみてらす
ともしびあげる

  中沢幼稚園歌